井出 久日子

38歳の時に乳癌発覚。
癌検診を毎年受診していたにも関わらず
リンパ、背骨、頭蓋骨に転移しておりステージ4と宣告。
抗がん剤治療を続け今年の夏、奇跡的にも癌が全て無くなる。再発予防の為、今も癌治療中。
抗がん剤治療で髪の毛を失い肌がボロボロになった時に悔しい反面、こんな時こそ美しくありたいとウィッグやメイクでお洒落を楽しみました。
メイクを始めとするお洒落は女性の心に非常に強い力を与えます。
その日のスタイルに合うウィッグを研究したり、気分によって映えるメイクを色々と試していく毎日で私の心に変化が起こりました。
毎日生きることが楽しいとか、お洒落をしていると自分に自信が持てるしワクワクした嬉しい気分になるというように思えるようになったのです。
病気を知った当初からは比較にならないほど現在はイキイキとした気持ちで過ごしています。
そしてもっとキレイになりたい、お洒落をして女性としての人生を精一杯エンジョイしたいという目標もできました。
女性は誰にでもどんな状況においても輝ける権利があります。
ステージ4から生かされた者として伝えられる事、できる事を世の中に発信していきたいと思っております。
35歳を越えると肌や身体の不調などに悩まされる女性も少しずつ増えてきます。
そうした状態でもお洒落を諦めなくていい、キレイは何歳になっても叶えられるといったようにたくさんの女性を勇気づける活動をしたいと考えています。
ライブ情報はありません。

ライブ情報はありません。
送信中
この記事のレビュー
0 (0 レビューがあります)